MENU

【Mac】Magic Keyboardのロックキー(鍵マーク)を無効化する方法

こんにちは。ライターの山口ヨシカズです。

iMacの24インチを買ってみたのですけど、新型のMagic Keyboardで大きな不満点が1つあります。

それは「ロックキーが邪魔」ということ。

ロックキーってこの右上の鍵マークのやつです。

このキー、以前はイジェクトキーと言って光学メディアの取り出しキーだったのですけど、新型のMagic Keyboardではロックキーに変わったみたいなのです。

ロックキーとは押すとロック画面(パスワード入力画面)になるキーです。

これが非常にうっとうしい。

なぜうっとうしいかというと、すぐ下にdeleteキーがあるものだからね。deleteキーを押すときに押し間違えてロックされてしまう。

そのたびにパスワードを入力しなければならない。

原稿を書いてるときとかに頻繁にこれが発生するものだからイラッとします。

そこで色々と解決法を探ってみたので、ここに備忘録を残しておきます。

目次

解決法:Karabiner-Elementsをインストールする

Karabiner-Elementsというアプリがあるのですけど、それをインストールするだけで解決しました。

このアプリはmacのキーバインドをカスタマイズするアプリなのですけど、ロックキーに対応してないみたいなのですね。

そこでこのKarabiner-Elementsをインストールして起動するだけで自動的にロックキーが無効になるみたいです(なぜならアプリがロックキーのバインドに対応してないから)

2021年11月3日まではインストールするだけで解決したのですが、現在はアプリがアップデートされ、インストール後にちょっとした設定がいります。書いてますので最後までお読みください。

インストール方法

1.こちらからダウンロードする。

https://karabiner-elements.pqrs.org/

2.インストールする

dmgの中にpkgが入っているので、起動してインストールします。

3.権限の設定をする

インストールしたアプリを起動すると「権限の設定をしてくれ」みたいなことを言われるので言うとおりに設定します。

macOSのシステム環境設定の「セキュリティーとプライバシー」のところで以下の設定をします。

1.機能拡張の許可

2.入力監視の権限の付加

アプリを最初に起動したときにガイダンスが出てくるので言うとおりにやっていけば大丈夫です。

4.キーバインドの設定をする(オプション

いちおうイジェクトキーを無効化したりとか設定してみましたが、設定を消してもロックキーは無効化されたままだったので何も設定しなくても起動しただけでロックキーは無効化されるのだと思いました。

しかし、いずれこのアプリがアップデートしてロックキーにも対応したら、ちゃんと設定が必要になるかもしれません。

追記:2021年11月4日にアップデートされました。ロックキー無効化にはキーバインドの設定が必要です。

2021年11月4日にKarabiner-Elementsを再起動したところ、アプリがアップデートされました。アップデートが終わるとロックキーが有効になってました。

キーバインドが対応されたようですね。

そこで、設定を追加してロックキーを当たり障りの無いキーにバインドすることで再び無効に出来ました。

左下の「Add Item」を選んで設定を追加します。そして「From Key」のドロップダウンメニューで「Lock key on Magic Keyboard without Touch ID」というキーを選びます。

次に「To Key」のドロップダウンメニューで当たり障りのないキーを選んで完了です。ここでは「eject」を選んでます。print screenとか邪魔にならなそうなキーなら何でも良いと思います。

これだけ設定すれば再びロックキーが無効になると思います。参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ビジネスジャンルが得意なSEOライター/主にBtoB向けのメディアや企業のオウンドメディアで書いています/前職は理系エンジニア

目次
閉じる